妊娠ができないのは女性だけの問題?

妊活一問一答

妊娠できないのは女性のせいだと考えている人が多いようですが、WHO(世界保健機構)が行った調査によると男性のみが原因という割合は24%。夫婦両方に原因があるという割合は24%との調査結果があります。このことから男性側が不妊の原因となるのは48%ということになります。
不妊の原因

WHO報告(1996年)

女性の場合は卵子や卵巣、子宮に問題があるケースが多く、加齢による卵子の数や質が低下が影響していることが多いようです。
男性の場合は射精障害や精子の質の低下(あまり動かない)、精巣で精子がつくられないといった原因があります。

当然のことですが、妊娠するためには男性の精子と女性の卵子が受精することが必要です。妊娠・不妊には男性・女性の双方で向き合っていく必要があります。
不妊治療を開始する際にも、はじめからふたりで通院すると原因がわかりやすいです。不妊治療は時間がかかりますが、不妊治療はふたりで行っていくものという意識をお互いが持つことが大切です。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP