卵子の質をよくするにはどうしたらいいの?

妊活一問一答

不妊治療の検査で卵子の数を測るAMHの値が低かったり、卵子を包んでいる卵胞の発育が悪かったり、卵子の状態が良くない場合はサプリメントで改善する可能性があります!

DHEA

ビタミンや葉酸と違ってなじみがない名称ですがDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)とDHEA-S(デヒドロエピアンドロステロンサルフェート)と言います。
これらはおもに副腎から分泌されるホルモンで、女性ホルモンのエストロゲンを作る材料になります。DHEAやDHEA-Sは加齢に伴い不足していくことが知られているため、サプリメントで補うことにより、卵巣の機能が向上する可能性があります。

ビタミンD

ビタミンDが不足すると着床率の低下だけでなく、卵巣の働きが悪くなってしまいます。ビタミンDは素肌に日光を浴びることで合成されますが、サプリメントでの摂取も効果的です。ビタミンDは乳幼児期の成長に欠かせない栄養素ですので、妊娠してからも摂取することが推奨されています。
また、ビタミンDは女性だけでなく男性にもおすすめな栄養素です。ビタミンDが少ない人よりも、適切にビタミンDを摂取している人の方が精液が活発だという研究報告もあります。

卵子の質を向上させるためにはDHEH・DHEA-SとビタミンDをサプリメントから摂取するのがオススメです!

ビタミンDは精液が活発にもなるので、妊活中の男性にも摂取してほしいサプリです。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP