気温が乱高下する今の時期は「重ね着」&「温め」寄りに

妊活コラム

3月になり、寒暖差が激しい時期になりました。
早春は三寒四温と言われる時期で、寒さと温かさが交互に訪れる時期です。高気圧と低気圧が目まぐるしく入れ替わる時期なので天候が不安定になりやすく、気圧に敏感な方にとっても厳しいシーズンです。
このダブルパンチで体調を崩す人は珍しくありません。

温活が難しい時期ですが、臨機応変の対策である程度対処することができます。
少し面倒でも、こまめに対処していきましょう。

今の時期は気温や気候に大きく地域差があります。この記事は東京、大阪など雪が珍しい都市部を想定して作成しています。寒冷地の方は『「いよいよ冬本番!冷え対策で温めるべき部位は「首」と「胴」」』、『いよいよ暦の上では春到来!汗冷えに気を付けたい冷え対策』の記事をご参照下さい。

上半身は薄着でも、足元は冬仕様に

空気は温かいほど上に溜まり、寒いほど下に溜まりやすくなります。
今の時期は、床の付近に手をかざすと、びっくりするほど冷えていることが実感できるでしょう。
たとえ暖かい日でも、足元の冷え対策は冬のままにすることをおすすめします。

朝、昼、夕方、夜で激しく温度変化があるのも今の時期によくあります。
朝が冷え込んだから着込んでいたら、昼の日差しの暑さで汗だくになる…ということはよくあります。
逆に、朝が温かいからと薄着で出たら、夜に冷え込んで帰り道を震えながら移動することも珍しくありません。
しかし、今の時期なら、足元と胴体さえ保温できれば、身体に染み入るような寒さはある程度防げます。そのためにも「上半身は薄手、下半身は厚手」にするのがおすすめです。

ただ、近年は春先でも異常に暑くなることがあります。夏日(25度以上)の日は足元も春らしい薄手にするほうが良いでしょう。
しかし、昼間は夏日でも夕方から急に冷え込むのも、3月にはありがちです。厚手のレッグウォーマーを持参して、冷えたら履き替えることをおすすめします。

外出前に、必ず天気予報の確認を

気候が不安定な春先は、事前に天気予報を確認する癖を付けましょう。
冷え対策に必要なのは、天気よりも気温です。1日の気温予報を1時間ずつ表示しているので、外に出る時間帯に合わせた服装にしましょう。
近年の天気予報は精度がとても上がり、数時間後の天気や気温をほぼ正確に予報できます。前日に次の日の気温をチェックして、明日の服装の目安にしましょう。
昼と夜で10℃以上変わることもよくあります。天気予報を見れば春コートで良い日、冬物のダウンジャケットのほうが良い日など、把握しやすいでしょう。
気象庁のサイト(https://www.jma.go.jp/bosai/forecast/)やテレビでも確認できますが、天気予報アプリを入れておくと、自動的に情報が表示されるのでとても便利です。

一週間予報もありますが、数日ほど誤差が出ることがあるので、参考程度に留めましょう。



すぐに調整できるように、重ね着がベスト

気温の寒暖差が激しいときは、重ね着で調整するのが一番手っ取り早いです。
薄手のウール、厚手のコットン、化繊などの衣類を着回しましょう。カーディガンなど、すぐに着て脱げるアイテムを使うと簡単に調整できます。

一方で、アンダーウェアはシルクの腹巻、レッグウォーマーがおすすめです。
シルクは適度に汗を吸い、保温性が高い性質があります。汗が溜まって冷えるリスクを減らし、温かく過ごすためにはシルクが理想です。
アンダーウェアは簡単に脱着できないので、一日中着けてもトラブルが少ないアイテムがベストです。
ただ、シルクは高額なので、すべてを揃えるのは金銭的負担が大きいのが難点です。今の時期なら、腹巻だけでもシルク製にすることをおすすめします。
更衣室などで脱着しやすい環境なら、薄手のウールや厚手のコットンでも問題ありません。

食べ方、飲み方にも工夫を!

送迎会などでお酒を飲むシーズンになりました。
ビールなどが美味しい時期ですが、温活するなら飲みすぎはNG。ビールに限らず、冷たい酒やドリンクは腹の底から冷えてしまいます。
しかし妊娠するとアルコールは一切飲めなくなるので、今から節制するのも現実的ではありません。鍋など暖かい食事を食べながら飲む、身体を温めるドリンクと交互に飲むなど、冷えてもすぐ温まるように工夫してみましょう。

おすすめは温めた烏龍茶です。忙しい店だと断られることがありますが、オーダーでホットウーロンをお願いするとレンジで温めた烏龍茶を出してもらえます。
温めた烏龍茶はお茶本来の香りと味わいが楽しめるので、ゆっくり飲みながら談笑するのにぴったりです。
日本酒の熱燗、温燗など、体温より高いお酒も冷え予防に良いでしょう。

普段から飲むドリンクも、体温より冷たいものは、無理のない範囲で控えましょう。
コーヒーや紅茶はホットがおすすめです。特にコーヒーはカフェインの作用がダイレクトに身体に入るので、ホットでも過剰摂取は控えましょう。
紅茶などお茶はタンニンという渋み成分が、カフェインの吸収を阻害します。コーヒーよりもカフェイン含有量は多いですが、意外とコーヒーよりはカフェインの弊害は減らせます。
カフェインには興奮作用があり、血管を縮める働きがあります。血管が縮まると血流を阻害し、妊活にもあまり良くありません。できるだけ1日1~2杯ほどに留めて、ノンカフェイン飲料も取り入れましょう。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  3. 3

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  9. 9

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

  10. 10

    男性も無理のない範囲で始めよう!男性不妊の原因と改善法

最近の記事

  1. 今すぐ麻疹抗体の確認を!妊活、妊娠中に麻疹が起こす悪影響は?

  2. 漢方薬が急に不味くなった?無理に飲んでは良くない理由

  3. 男性不妊の啓発に。精子を安価・簡単に観察するキットが登場しました。

  4. 気温が乱高下する今の時期は「重ね着」&「温め」寄りに

  5. 体外受精でも自然妊娠でも、子供の能力に差はありません。


TOP