若いときからピルを服用していれば40歳くらいになっても妊娠しやすいの?

妊活一問一答

避妊や生理痛の負担を軽減することを目的として、ピルを服用している女性もいます。
ピルを服用していると月経が来ない状態を保つことができます。
ピルには排卵が終わった状態にするホルモンが含まれているため、ピルを服用していると体は排卵をしなくていいと思い込みます。

排卵がなくなるということは、卵子が減らないのでは?と思う人もいますが、ここにはちょっと誤解があります。
排卵がないことでその分の卵子は確かに減らないのですが、そもそも排卵をしなくても卵子は毎日30~40個はなくなっていきます。
年齢を重ねていくと卵子の数が減少していくだけでなく、卵子の質も低下していきます。
そしてピルを服用していたとしても、卵子の質の低下を防ぐことはできません。

ピルを服用しても年齢を重ねていくと妊娠はしにくくなります。排卵はなくなるのですが、卵子は毎日30~40個はなくなっています。そしてピルには卵子の質の低下を防ぐ効果はありません。

しかし、ピルを服用することで不妊の原因になる「子宮内膜症」を予防する効果があります。
子宮内膜症は、本来子宮の内側にしか存在しない子宮内膜という組織が、子宮以外の卵巣などにできてしまう疾患です。
子宮内膜症の「エストラジオール」という女性ホルモンの活動と関係しているのですが、ピルを服用することで排卵が止まると「エストラジオール」の働きが抑制されるため、子宮内膜症を予防することができます。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP