おりものの量が多かったり、色が濃いけど妊娠しやすさには影響あるの?

妊活一問一答

「おりもの」というのは子宮の入り口である「子宮頸管」や膣からの分泌物のことです。
「おりもの」には膣の中に雑菌が侵入するのを防ぐ役割があります。
雑菌に感染して炎症が起こると「おりもの」の色や量、においが変わってきます。

健康な時の「おりもの」はにおいがほとんどなく、色は白、もしくは無色透明ですが、下着などに付着して乾燥したときにはうっすら黄色くなることもあります。
しかし、「おりもの」の色が濃くなったり強いにおいをするようになった場合は性感染症や膣炎、筋腫などの病気の恐れがあります。

排卵期になると「おりもの」の量は増えていきますが、通常時でも「おりもの」の量が多く、こまめにおりものシートを取り換えなければいけないほど「おりもの」の量が多い場合は子宮や卵管の病気の可能性があります。

普段から「おりもの」の状態を気にする習慣をつけて、気になるような状態が続いたら早めに病院に行きましょう。

「おりもの」の量が多かったり色が濃かったり、いつもと違ったら子宮や卵管の病気かもしれません。不妊につながるのではやめに病院にいきましょう。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP