妊娠中で気をつけることってなに?

マタニティ

妊娠活動中、妊娠初期、妊娠後期でそれそれ気をつけることは変わります。

妊娠活動中に気をつけること

妊娠する前から、健康的な妊娠のための準備をするための活動を行うことができます。例えば、禁煙、アルコールや薬物の摂取を控える、健康的な食生活を送る、十分な休息と適度な運動をするなどが挙げられます。

妊娠初期に気をつけること

妊娠がわかったり、妊娠の可能性を感じることができる妊娠初期では、すぐに胎児の健康を確保するための活動を開始することができます。例えば、妊婦用ビタミンの服用、刺身や鮨などの生魚や生肉などの食べ物や激しい運動の回避、健康全般に関する医師との相談などが挙げられます。

妊娠後期に気をつけること

妊娠後期には、出産準備や子どもとの新しい生活に向けて、さまざまな準備をする人が多くなります。出産教室への参加、出産に向けた入院への準備、ベビー用品の買い出し、家族や友人からのサポートなど、さまざまな準備があります。やらなくてはいけないことが沢山あるのにお腹が大きくなってきて外出するのに体への負担が多いので早いうちから少しずつ準備をしておきましょうね。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP