妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

妊活コラム


妊娠を希望する女性にとって、基礎体温を正しく測定することは、排卵を追跡し、妊娠の可能性を最大化するために不可欠です。市販の妊活ツールは数多くありますが、基礎体温を正確に測定することは、妊娠の可能性が最も高い受胎可能日を特定するための、信頼性が高く、低コストな方法です。今回は、基礎体温測定の利点について説明し、自宅にいながら正確に体温を測定するコツを紹介します。

基礎体温測定のメリット

基礎体温を測定することは、妊娠可能な時期を特定するための確実で低コストな方法です。基礎体温は、1日のうちで体が到達する最低温度のことです。排卵日の数日前になると、卵巣から分泌されるプロゲステロンの急増により、基礎体温はわずかに、そして突然上昇します。毎朝、基礎体温を正確に測定することで、排卵しやすいタイミングを特定し、妊娠の可能性を最大限に高めることができます。さらに、妊娠した場合には基礎体温を測定することで妊娠を確認し、胎児の健康状態を把握することができます。

さらに、基礎体温測定は、月経周期に関する貴重な情報を提供することもできます。基礎体温を毎日記録することで、ホルモンバランスの乱れや健康上の合併症、生殖能力の低下など、生殖能力や健康全般について、より深い洞察を得ることができます。

基礎体温の正しい測り方

基礎体温を正確に測定することは、妊娠可能な時期を正確に特定するために不可欠です。そのためには、以下のステップを踏んでください。



1. 専用の体温計を購入する。

一般的な体温計と基礎体温計の違いは表示される数値です。一般的な体温計は小数点第一位(0.1度単位)であるのに対し、基礎体温計では小数点第二位(0.01度単位)まで測定できるようになっています。そのため、一般的な体温計ではわからない微細な温度の変化を記録することができます。

2. 毎日同じ時間に体温を測る。

体温が最も低くなる朝一番に基礎体温を測定するのが理想的です。タイミングを一定にすることで、正確な結果を得ることができます。

3. ベッドから出る前に体温を測定する。

体を動かすと体温が上がるので、ベッドから出る前に体温を測ってください。また、体温を正確に記録するために、小数点第二位まで記録することを忘れないでください。

結論

基礎体温を測定することは、妊娠可能な時期を特定し、妊娠を確認し、健康全般を観察するための簡単で効果的な方法です。この記事で紹介した手順に従えば、ご自宅で快適にBBTを正確に測定することができます。次回、妊娠を希望するときや月経周期を観察するときには、ぜひ基礎体温計測を試してみてください。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP