排卵誘発のための自己注射が怖いです。痛くないの?

妊活一問一答

卵胞を育てる薬を注射で打つのですが、注射の種類によっては毎日打つ必要があるものもあります。
注射のために毎日クリニックに行くのも大変なため、看護師から指導を受けて自分で注射をする方法もあります。
自分で注射をするのは怖いという人もいるかもしれませんが、一般的な注射器と比べると細い針を使用する注射器なので痛みは注射よりもずっと小さいです。
薬の種類によっては太ももに打つ筋肉注射、腹部に打つ皮下注射または皮下注射ペンタイプがあります。
このうち筋肉注射と皮下注射は事前練習が必要ですが、皮下注射ペンタイプは事前練習が不要なくらい簡単なものです。
しかしながら皮下注射ペンタイプが簡単とはいえ自分で注射をするのは恐怖心がありますよね。
そんな時はお腹の肉をつかむときにちょっと力を入れてつねった時の痛みで注射の痛みを紛らわすという方法が有効です。
逆な言い方をすればつねった痛みで紛れるくらいペンタイプの注射は痛みが小さいのです。
必要以上に怖がらなくても大丈夫ですよ♪



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP