生理痛が強いけど鎮痛剤を飲んでいれば大丈夫?病院に行った方がいいの?

妊活一問一答

若いころは子宮が成熟されていないため、生理痛が強いということもありますが、年齢が上がるにつれて子宮が成熟していくため、生理痛は落ち着いてきます。
もし、生理痛が年々痛くなっていったり、突然今までになかったような生理痛を感じたり、鎮痛剤などを飲まずにいられないほどの痛みがある場合は迷わずに病院に行きましょう。

妊娠の妨げとなる子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)や子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)、卵管の炎症等が起こっている可能性があります。これらは20代でも発症することが多い病気です。ひどい生理痛の場合には我慢せず、早めに病院に行くようにしましょう。

年々ひどくなる生理痛や、突然生理痛の痛みが強くなったら子宮筋腫や子宮内膜症、卵管の炎症等を起こしている可能性があります。
妊娠を妨げる要因ですので、早めに通院しましょうね。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  3. 3

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  9. 9

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

  10. 10

    男性も無理のない範囲で始めよう!男性不妊の原因と改善法

最近の記事

  1. 今すぐ麻疹抗体の確認を!妊活、妊娠中に麻疹が起こす悪影響は?

  2. 漢方薬が急に不味くなった?無理に飲んでは良くない理由

  3. 男性不妊の啓発に。精子を安価・簡単に観察するキットが登場しました。

  4. 気温が乱高下する今の時期は「重ね着」&「温め」寄りに

  5. 体外受精でも自然妊娠でも、子供の能力に差はありません。


TOP