不妊治療の検査って一度で終わるの?

妊活一問一答

女性は生理周期に合わせて検査が行われます。
生理周期によってできる検査に違いがあるため、1カ月に2~3回の来院を想定しておくといいでしょう。
仕事の都合などでどうしても検査をすることが難しい時には無理せずに、翌月の生理周期を見て検査を行えます。

生理周期と検査

卵胞期(低温期)にできる検査は子宮卵管造影検査、超音波検査(卵胞チェック)。
黄体期(高温期)にできる検査は超音波検査(排卵確認)。
いつでもできる検査はAMH検査、血液ホルモン検査、クラミジア検査、子宮頸がん検査。
排卵日・性交後にはフーナー検査(性交後検査)を行います。

女性の場合は生理周期によってできる検査に違いがあります。1カ月に2~3回検査のために通院するのが一般的です。



関連記事

特集記事

人気記事ランキング

  1. 1

    妊活中に避けたいNG行動は?無理ない範囲で改善しましょう。

  2. 2

    妊活、どのタイミングで病院にいくべきか

  3. 3

    精子はできるだけ溜めておいた方がいいの?

  4. 4

    若ければ不妊にはならないって本当?

  5. 5

    過剰なダイエットも太りすぎもNG!妊娠しやすい女性の体型と食生活

  6. 6

    妊活中から新型出生前検査のことを知っておきましょう!

  7. 7

    精子は熱に弱いって本当なのですか?妊活中にサウナはOK?

  8. 8

    妊活前に要確認!病院に行くのは健康保険を見直してから

  9. 9

    不妊治療の初診はどんなことをするの?

  10. 10

    妊娠活動中の基礎体温の正しい測り方

最近の記事

  1. 虫歯治療は妊活中に終わらせましょう!

  2. 「風疹」の抗体はありますか?妊活中に風疹ワクチンの予防接種を!

  3. 「食べ物」は大事だけど「食べ方」も大事!妊活に良い食べ方は?

  4. 働く女性の後押しになる「不妊治療連携カード」とは?

  5. 魚を食べると、子供の神経発達遅延を減らす効果が判明しました。


TOP